拠り所

—— 日文翻译成中文

解释

假名:よりどころ
词性:名
解释:依靠、寄托;根据、依据
  • 0

谷歌翻译

基石
  • 0

百度翻译

根据,依据
  • 0

有道翻译

基石
  • 0

腾讯翻译

依据
  • 0

yandex翻译

基石
  • 0

babylon翻译

土地, 场地, 战场 { ground }
 
专家, 权威, 威信 { authority }
 
基, 基部, 底; 基料; 基础; 基地, 总部#垒 { base }
 
  • 0

双语例句

  • 无根之谈
    よりどころのない話,根も葉もない話.
  • 相反,可在单个功能元件内组合这里描述的单独的功能元件的各种功能,反之亦然,能由多个单独的功能元件执行这里描述的单个功能元件的功能。
    それどころか、別々の機能要素の中の本書面に記載の様々な機能を単一の機能要素と組み合わせてもよいと共に、この逆すなわち単一の機能要素内の本書面に記載の機能も同様に複数の別々の機能要素により実行することも可能である。
  • 生活上有指靠了。
    生活の面でよりどころができた.
  • 一种用于改进通过彩色摄影机(3)拍摄的通过背光(12)照明的部分发荧光的组织区域的内窥镜图像的方法,其特征在于,将内窥镜图像的色彩像素从摄影机(3)的色彩空间(RGB)转换到色彩空间(FXY),在该色彩空间(FXY)中穿过荧光(11)的色彩空间区域(21)和背光(12)的色彩空间区域(20)的直线(F1)平行于描绘像素的荧光成分的坐标轴(F)走向,以及在该色彩空间(FXY)中像素的荧光成分通过非线性的特征曲线(13)被改变,该特征曲线至少局部地增强了荧光对比度,即较高的荧光值与较低的荧光值之间的差值,最后将像素转换到适于图像显示的色彩空间(RGB)。
    背面光(12)により照明され所々蛍光発光する組織領域であって、カラービデオカメラ(3)により撮影された該組織領域の内視鏡画像を改善する方法において、前記内視鏡画像の画素が前記ビデオカメラ(3)の色空間(RGB)から、蛍光光線(11)の色空間領域(21)及び背面光(12)の色空間領域(20)を通過する直線(F1)が前記画素の蛍光成分を表す座標軸(F)に平行に走行する色空間(FXY)に変換され、前記色空間(FXY)内で前記画素の蛍光成分が、蛍光コントラスト即ち高い蛍光値と低い蛍光値との差を少なくとも所々の領域で増加させる非線形特性曲線(13)に従って変化され、最後に前記画素は、画像表示に適する色空間(RGB)に変換されることを特徴とする方法。
  • 办事要根据原则。
    事に当たる時は原則をよりどころとしなければいけない.
  • 失掉生活的依靠。
    生活のよりどころを失う.
  • 以事实为根据
    事実をよりどころとする.
  • 在困境或者逆境中,会一瞬间就失去支持那个人的主心骨。
    苦難や逆境などで,その人を支えていたよりどころがあっという間になくなってしまう。
  • 失其所以凭依
    よりどころとするものを失う.
  • 每个同学都要以《学生守则》为准绳,严格要求自己。
    学生は皆『学生規程』をよりどころにして,自分を厳しく律しなければならない.
  • 根据基准进行测试并进行评价和验证。
    准拠して試験を行い、評価、検証を行う。
  • 没着没落
    心のよりどころがなく落ち着かない.
  • 我们有合同为凭。
    我々には(契約が結ばれていてそれをよりどころとする→)よりどころとする契約がある.
  • 研究古代史的人,就要依靠这上面所刻的文字。
    古代史を研究する人なら,この上に刻まれた文字をよりどころとする.
  • 精神依靠
    精神のよりどころ.
  • 无所依凭
    よりどころがない.
  • 1.一种用于改善通过彩色摄影机 (3)拍摄的通过背光 (12)照明的部分发荧光的组织区域的内窥镜图像的方法,其特征在于,将内窥镜图像的色彩像素从摄影机 (3)的色彩空间(RGB)转换到其中穿过荧光(11)的色彩空间区域(21)和背光(12)的色彩空间区域(20)的直线 (F1)平行于描绘像素的荧光成分的坐标轴 (F)的色彩空间 (FXY),并且在该色彩空间 (FXY)中像素的荧光成分通过非线性的特征曲线 (13)被改变,该特征曲线至少局部地增强了荧光对比度,即较高的荧光值与较低的荧光值之间的差值,最后将像素转换到适于图像显示的色彩空间 (RGB)。
    1. 背面光(12)により照明され所々蛍光発光する組織領域であって、カラービデオカメラ(3)により撮影された該組織領域の内視鏡画像を改善する方法において、前記内視鏡画像の画素が前記ビデオカメラ(3)の色空間(RGB)から、蛍光光線(11)の色空間領域(21)及び背面光(12)の色空間領域(20)を通過する直線(F1)が前記画素の蛍光成分を表す座標軸(F)に平行に走行する色空間(FXY)に変換され、前記色空間(FXY)内で前記画素の蛍光成分が、蛍光コントラスト即ち高い蛍光値と低い蛍光値との差を少なくとも所々の領域で増加させる非線形特性曲線(13)に従って変化され、最後に前記画素は、画像表示に適する色空間(RGB)に変換されることを特徴とする方法。
  • 他从来不拿什么主意,全凭大家说。
    彼はこれまで何の考えもなく,全く皆の言うことをよりどころとしている.
  • 以他的意见为准
    彼の意見をよりどころとする.
  • 作为靠山
    頼りとする,よりどころとする.
  • 无所凭依
    よりどころにできない.