外部クロック

—— 日文翻译成中文

谷歌翻译

外部时钟
  • 0

百度翻译

  • 0

有道翻译

外部时钟
  • 0

腾讯翻译

外部时钟
  • 0

yandex翻译

外部时钟
  • 0

双语例句

  • 这样一来,上述数据包处理电路120、传输目的地决定电路 130、内部总线 140、外部总线 500和收发处理电路 310分别与高时钟信号 HH同步起动。
    これにより、上述したパケット処理回路120、転送先決定回路130、内部バス140、外部バス500、送受信処理回路310は、それぞれ、高クロック信号HHに同期して起動される。
  • 并且,也可以停止向收发处理电路 310内的新备用体系 100a用的接口电路 (无图示 )内供给外部总线时钟NCa。
    また、送受信処理回路310の内の新予備系100a用のインターフェース回路(図示せず)に対する外部バスクロックNCaの供給を停止してもよい。
  • 将使向数据包处理电路 120和传输目的地决定电路 130以及内部总线 140供给时钟信号的时钟生成部 CL1~ CL4生成低时钟信号 HL、使向外部总线 500和收发处理电路 310供给时钟信号的时钟生成部 CL5~ CL7生成高时钟信号 HH来进行动作的状态作为第 2动作模式。
    パケット処理回路120と転送先決定回路130と内部バス140にクロック信号を供給するクロック生成部CL1〜CL4に低クロック信号HLを生成させ、外部バス500および送受信処理回路310にクロック信号を供給するクロック生成部CL5〜CL7に高クロック信号HHを生成させて動作させる状態を第2の動作モードとする。
  • 4.根据权利要求 1所述的接收设备,其中: 所述多相位时钟生成电路基于来自于传输所述外部数据的传输设备的外部时钟,生成相位彼此不同的多个时钟。
    4. 前記多相クロック生成回路は、前記外部データを送信する送信装置からの外部クロックに基づいて位相が異なる複数のクロックを生成することを特徴とする請求項1〜3のいずれか一項に記載の受信装置。
  • 定时生成电路 31根据从外部输入的同步信号、传感器驱动时钟、传感器重置信号、串行通信信号等 (未示出 )来生成定时信号。
    タイミング発生回路31は、外部から入力される同期信号やセンサ駆動用クロック、センサリセット用信号、シリアル通信等(いずれも図示略)に基づいてタイミング信号を生成する。
  • 在本实施例中,中继处理板 100的“通常模式”表示下述状态,即,与该中继处理板100有关的各时钟 (各电路 120、130的核心时钟 CC、内部总线 140的总线时钟 RC、该数据包处理电路 120和收发处理电路 310之间的外部总线 500的总线时钟 NC)分别为“高”。
    本実施例では、中継処理ボード100の「通常モード」は、その中継処理ボード100に関する各クロック(各回路120、130のコアクロックCCと、内部バス140のバスクロックRCと、そのパケット処理回路120と送受信処理回路310との間の外部バス500のバスクロックNC)が、それぞれ「高」である状態を意味している。
  • 并且若把外部总线时钟 NCa变更为“低”,则能够抑制接口板 300的消耗功率。
    また、外部バスクロックNCaを「低」に変更すれば、インターフェースボード300の消費電力を抑えることが可能となる。
  • 这样一来,上述数据包处理电路 120、传输目的地决定电路 130、内部总线 140、外部总线 500和收发处理电路 310分别与低时钟信号 HL同步起动。
    これにより、上述したパケット処理回路120、転送先決定回路130、内部バス140、外部バス500、送受信処理回路310は、それぞれ、低クロック信号HLに同期して起動される。
  • 并且,接口板 300中的新待机体系 100a用的外部总线时钟 NCa也从“高”变更为“低”。
    さらに、インターフェースボード300における新待機系100a用の外部バスクロックNCaも、「高」から「低」に変更される。
  • 时钟生成部 CL5和时钟生成部 CL6向连接上述中继处理板 100的数据包处理电路 120和接口板 300的收发处理电路 310的外部总线 500内供给时钟信号,外部总线 500与供给的时钟信号同步动作。
    クロック生成部CL5と、クロック生成部CL6は、上述した中継処理ボード100のパケット処理回路120とインターフェースボード300の送受信処理回路310とを接続する外部バス500にクロック信号を供給し、外部バス500は、供給されたクロック信号に同期して動作する。
  • 并且,第 1装置控制部 11a在该复位过程中切换外部总线时钟 NCb(时钟生成部 CL6的时钟 (图 3))。
    そして、第1装置制御部11aは、このリセットの最中に、外部バスクロックNCb(クロック生成部CL6によるクロック(図3))を切り替える。
  • 这样一来,接口板 300的外部总线 500的外部总线时钟 NCb也能够从“高”向“低”变更。
    これにより、インターフェースボード300における外部バス500の外部バスクロックNCbも、「高」から「低」に変更される。
  • 该外部总线时钟 NCb的切换不需重新起动收发处理电路 310,即可执行。
    この外部バスクロックNCbの切り替えは、送受信処理回路310を再起動することなく、実行される。
  • 而且,也从接口板 300侧向外部总线 500内供给时钟信号 (图 3:时钟生成部 CL6)。 该时钟信号的频率根据中继处理板 100的动作模式切换而进行变更 (如后所述 )。
    なお、外部バス500には、インターフェースボード300側からもクロック信号が供給されるが(図3:クロック生成部CL6)、このクロック信号の周波数は、中継処理ボード100の動作モード切り替えに応じて、変更される(後述)。
  • 同样,在设定文件 17内设定了 3种切换运转模式 (流量切换、定期切换、通信速度切换 )中的某一种的情况下,作为初始状态,上述数据包处理电路 120、传输目的地决定电路 130、内部总线 140、外部总线 500和收发处理电路 310分别与高时钟信号HH同步进行起动。
    同様にして、設定ファイル17において、3種類の切換運転モード(流量切換、定期切換、通信速度切換)のいずれかが設定されている場合は、初期状態として、上述したパケット処理回路120、転送先決定回路130、内部バス140、外部バス500、送受信処理回路310は、それぞれ、高クロック信号HHに同期して起動される。
  • 这样一来,与待机体系 100b有关的各个电路 120b、130b的核心时钟 CC、内部总线时钟 RCb、外部总线时钟 NCb分别从“高”向“低”变更,待机体系 100b与变更后的低时钟信号同步动作,而且,中继决定处理由与待机体系 100b不同的运用体系 100a执行,所以,中继决定处理不受待机体系 100b再起动的影响而继续进行。
    これにより、待機系100bに関する各回路120b、130bのコアクロックCCと、内部バスクロックRCbと、外部バスクロックNCbとの、それぞれが「高」から「低」に変更され、待機系100bは、変更後の低クロック信号に同期して動作する。 なお、中継決定処理は、待機系100bとは異なる運用系100aによって実行されているので、中継決定処理は、待機系100bの再起動の影響を受けずに、継続される。