内部クリーン

—— 日文翻译成中文

谷歌翻译

内部清洁
  • 0

百度翻译

内部清洁
  • 0

有道翻译

内部清洁
  • 0

腾讯翻译

内部清洁
  • 0

yandex翻译

内部链接
  • 0

babylon翻译

内部清洁
  • 0

双语例句

  • 存储器 216在其自身中记录由扫描器 213从文档读出的图像数据、从信息处理设备 1接收到的目标文档的数据、以及其他数据。
    前記記憶部216は、スキャナ213で読み取られた画像データや、情報処理装置1から送信されてきた印刷対象の文書データ、その他のデータ等を記憶するものであり、ハードディスクドライブ(HDD)などで構成されるとともに、1個または複数のボックスと称される記憶領域を備えている。
  • 如图 5所示,动态图像生成部 43将由预定张数的帧图像构成的单位动画数据 md和与该单位动画数据 md同步的单位声音数据 ad收容到 1个容器 53中,并将生成的各容器 53顺次存储在 RAM34的预定存储区域。
    図5に示すように、動画像生成部43は、所定枚数のフレーム画像よりなる単位動画データmdと、この単位動画データmdに同期した単位音声データadとを1つのコンテナ53に収容し、生成した各コンテナ53をRAM34の所定記憶領域に順次格納する。
  • 当设置了这些网板属性时,参照位置确定部 353针对各个色板设置参照位置,如图 9A至图 10B所示。
    このようなスクリーン属性が設定されている場合、参照位置決定部353は、例えば、図9、図10に示すような各色版毎の参照位置を設定する。
  • 如果设备能够成功产生外部连接,则如 420处所示,确定任何网络指派的 IID是否仍然与任何本地 IID冲突。
    機器が外部接続を成功裏に確立できる場合、420に示すように、ネットワークに割り当てられたIIDのどれかがローカルIIDのどれかと競合したままになっているか否かに関して判定が行われる。
  • IDCT单元 65对从逆量化单元 64提供来的 DCT系数执行逆离散余弦变换以生成差分图像数据,并且将此输出到预测图像生成单元 66。
    IDCT部65は、逆量子化部64から供給されたDCT係数の逆離散コサイン変換を行い、差分画像データを生成して予測画生成部66に出力する。
  • 具体地,特征量运算部 6基于被摄体不存在图像 P2的 YUV数据,选择规定数 (或者规定数以上 )的特征高的块区域 (特征点 ),提取该块的内容作为模板。
    具体的には、特徴量演算部6は、被写体非存在画像P2のYUVデータに基づいて、所定数(或いは、所定数以上)の特徴の高いブロック領域(特徴点)を選択して、当該ブロックの内容をテンプレートとして抽出する。
  • 列举出在概率大于确定的剪枝概率的一层或多层中包括的球形内的栅格点。
    決定されたプルーニング確率よりも大きな確率を有する1つまたは複数のレイヤの中に備えられる球面の内部の格子点が、列挙される。
  • IDCT单元 25执行从逆量化单元 24供应的 DCT系数的逆离散余弦变换以生成差分图像数据,并将其输出到预测图像生成单元 26。
    IDCT部25は、逆量子化部24から供給されたDCT係数の逆離散コサイン変換を行い、差分画像データを生成して予測画生成部26に出力する。
  • 投影部 190在利用调整部 160进行了调整的状态下将图像投影到屏幕等上 (步骤S7)。
    投写部190は、調整部160による調整が行われた状態で画像をスクリーン等に投写する(ステップS7)。
  • 关于剩余的 15个 AC系数也进行遵从量化参数 32的反量化处理,与上述得到的 DC分量结合,得到 4×4块单位的反量化完毕的变换系数。
    残りの15個のAC係数についても量子化パラメータ32に従う逆量子化処理を行い、上記で得られたDC成分と合わせて4x4ブロック単位の逆量子化済み変換係数を得る。
  • 在MBH中包括与编码模式 15相当的宏块种类,在宏块种类表示内部预测模式的情况下,包括Ck分量的内部预测模式 100、在量化系数数据的量化·反量化中使用的量化参数 32等。
    MBHには符号化モード15に相当するマクロブロックタイプが含まれ、マクロブロックタイプがイントラ予測モードを示す場合は、Ck成分のイントラ予測モード100と、量子化係数データの量子化・逆量子化に用いる量子化パラメータ32などが含まれる。
  • 可通过任意方式在资源组之间分摊总可用资源 (例如,基于期望与每个资源组相关的网络设备组 (多个 )的重要性,基于关于管理系统所测量的资源利用数据等 )。
    利用可能な総リソースは、(例えば、各リソースグループが関連付けられることが期待される(1つまたは複数の)ネットワークデバイスグループの重要性に基づいて、管理システムに関して測定されたリソース利用データに基づいてなど)任意の方法で、リソースグループ間で配分されることが可能である。
  • 当 BCH解码单元 13在步骤 S15确定一个帧的数据未被存储在内部缓存器 31中时,BCH解码单元 13返回步骤 S14,并且重复相同的处理。
    1フレーム分のデータを内部バッファ31に記憶していないとステップS15において判定した場合、BCH復号部13は、ステップS14に戻り、同様の処理を繰り返す。
  • 图 7是示出了根据本发明的无线通信系统的第四实施例中用于分析迭代内部的外信息转移图的示例 (例如 turbo原理 )的图。
    【図7】本発明に係る無線通信システムの第四の実施形態におけるターボ原理のような繰り返しの内部を解析するための外部情報交換チャートの例を示す図である。
  • 因此,驱动器 31读取记录在盘 11上的索引文件、影片对象文件、BD-J对象文件、播放列表文件、剪辑信息文件、流文件等。
    これにより、ドライブ31は、ディスク11に記録されているインデックスファイル、ムービーオブジェクトファイル、BD-Jオブジェクトファイル、プレイリストファイル、クリップインフォメーションファイル、ストリームファイルなどを読み出す。
  • 应当注意,可以基于各个色板的网板处理属性针对 CMYK的各个色板预设参照位置,而不是通过参照位置确定部 353计算参照位置。
    なお、参照位置を参照位置決定部353により算出するのではなく、各色版毎のスクリーン処理の属性に基づいた参照位置を、CMYKの各色版毎にそれぞれ設定しておくようにしてもよい。
  • IDCT单元 35执行从逆量化单元 34供应的 DCT系数数据的逆离散余弦变换以生成差分图像数据,并将其输出到内部预测图像生成单元 36。
    IDCT部35は、逆量子化部34から供給されたDCT係数データの逆離散コサイン変換を行い、ローカルデコード画像の画像データを生成してイントラ予測画生成部36に出力する。
  • 在上述实施方式中,NAS 20选择与最小的盘号对应的可移动硬盘作为引导驱动器,但是基于盘号的可移动硬盘的选择方法并不限定于此。
    上述した実施形態では、NAS20は、最小のディスク番号に対応するリムーバブルハードディスクをブートドライブとして選択したが、ディスク番号に基づくリムーバブルハードディスクの選択手法はこれに限定されない。
  • 首先,仅汇总 4×4块的变换系数的 DC分量构成成为阿达玛反变换处理的对象的块,在进行了反量化以后执行阿达玛反变换。
    まず、4x4ブロックの変換係数のDC成分のみをあつめてアダマール逆変換処理の対象となるブロックを構成し、逆量子化を行った後アダマール逆変換を実行する。
  • IDCT单元 35对从逆量化单元 34提供来的 DCT系数数据执行逆离散余弦变换以生成差分图像数据,并且将此输出到帧内预测图像生成单元 36。
    IDCT部35は、逆量子化部34から供給されたDCT係数データの逆離散コサイン変換を行い、ローカルデコード画像の画像データを生成してイントラ予測画生成部36に出力する。
  • 在宏块种类表示运动补偿预测 (间 (inter))模式的情况下,包括 C0即 Y分量的运动信息 102(运动矢量以及参考图像索引 )、在量化系数数据的量化·反量化中使用的量化参数 32等。
    マクロブロックタイプが動き補償予測(インター)モードを示す場合は、C0すなわちY成分の動き情報102(動きベクトルおよび参照画像インデックス)と、量子化係数データの量子化・逆量子化に用いる量子化パラメータ32などが含まれる。
  • 并且,调制部 42对得到的复码元串的各载波成分实施串并转换、离散傅立反叶变换、并串转换、D/A转换等,取得基带 OFDM信号。
    そして、変調部42は、得られた複素シンボル列の各キャリア成分に、直並列変換、逆離散フーリエ変換、並直列変換、D/A変換などを施し、ベースバンドOFDM信号を取得する。
  • 在上文的描述中,将屏幕尺寸 r′输入回放设备 50。 若未输入屏幕尺寸 r′,则调节器 52使显示单元 61将观看环境信息本身显示为引导信息。
    なお、上述した説明では、再生装置50にスクリーンサイズr´が入力されるものとしたが、スクリーンサイズr´が入力されない場合には、調整部52は、視聴環境情報を誘導情報としてそのまま表示部61に表示する。
  • IDCT单元 25对从逆量化单元 24提供来的 DCT系数执行逆离散余弦变换以生成差分图像数据,并且将此输出到预测图像生成单元 26。
    IDCT部25は、逆量子化部24から供給されたDCT係数の逆離散コサイン変換を行い、差分画像データを生成して予測画生成部26に出力する。
  • 即,在交叠区域中,第一连接线设定单元 305穿过图像摄取装置 10的旋转移动方向 (扫动轴的方向 )上的中点,并且将与扫动轴正交的直线设定作为第一连接线。
    すなわち、第1接続ライン設定部305は、重複領域において、撮像装置10の回転移動方向(スイープ軸の方向)における中点を通り、スイープ軸に対して直交する直線を第1接続ラインとする。
  • IDCT单元 35对从逆量化单元 34提供来的 DCT系数数据执行逆离散余弦变换以生成差分图像数据,并将此输出到帧内预测图像生成单元 36。
    IDCT部35は、逆量子化部34から供給されたDCT係数データの逆離散コサイン変換を行い、ローカルデコード画像の画像データを生成してイントラ予測画生成部36に出力する。
  • 驱动器 31将所读取的索引文件、影片对象文件、BD-J对象文件、播放列表文件、剪辑信息文件等提供给控制单元 22。
    ドライブ31は、読み出されたインデックスファイル、ムービーオブジェクトファイル、BD-Jオブジェクトファイル、プレイリストファイル、クリップインフォメーションファイルなどを制御部22に供給する。
  • 这种情况下,CPU 112使用裁剪后的取入范围 103b’,进行与放大实时取景显示模式对应的动作。
    この場合に、CPU112は、クリップした後の取込範囲103b’を用いて拡大ライブビュー表示モードに対応した動作を行う。
  • 图像解码装置包括: 可变长度解码部1101、统计信息保存存储器 1102、可变长度编码表生成部 1103、逆量化部 1104、逆正交变换部 1105、加法器 1106、帧存储器 1107、以及预测图像生成部 1108。
    画像復号装置は、可変長復号部1101、統計情報格納メモリ1102、可変長符号表生成部1103、逆量子化部1104、逆直交変換部1105、加算器1106、フレームメモリ1107、及び予測画像生成部1108を備える。
  • 相应地,电话 200可以重复且交替地将左分量音频数据分组发送给左扬声器 BT从设备 1,然后在周期性通信时隙的不同时隙中将右分量音频数据分组发送给右扬声器 BT从设备 2。
    従って、電話機200は、周期的な通信スロットのうちの異なるスロットにおいて、左成分オーディオデータのパケットを左スピーカ装置BTスレーブ1にかつ右成分オーディオデータのパケットを右スピーカ装置BTスレーブ2に繰り返し交互に送信する。
  • 其他的调色剂像形成部 3M、3C、3K是与调色剂像形成部 3Y同样的构成,在各个感光鼓 31M、31C、31K的周边分别对应地配置有主带电部、显影部、第 1转印辊、清洁部。
    他のトナー像形成部3M,3C,3Kにおいても、トナー像形成部3Yと同様な構成であり、それぞれの感光体ドラム31M、31C、31Kの周辺に、それぞれに対応して主帯電部、現像部、第1転写ローラ、クリーニング部が配置されている。
  • 退化阻抗元件 304及 305可分别在混频器 32a内部 (如图所示 )或在外部 (未图示 )沿输入路径 301a及 302a耦合到输入引线 301及 302。
    変性インピーダンス要素304および305は、図に示されるように、ミキサ32aの内部で、あるいはそれぞれ入力経路301aおよび302aに沿って外部で(図示されず)入力リード線301および302に結合されることができる。
  • 控制器 1021依据指示用户利用操作单元 1022给出的指令的信号执行各种处理,并经总线 1017控制图像信号处理单元 1014、DRAM 1018、外部接口 1019、OSD 1020、介质驱动器 1023和其他合适的装置。
    コントローラ1021は、ユーザが操作部1022を用いて指令した内容を示す信号に基づいて、各種処理を実行するとともに、バス1017を介して、画像信号処理部1014、DRAM1018、外部インタフェース1019、オンスクリーンディスプレイ1020、およびメディアドライブ1023等を制御する。
  • 具体地,特征量运算部 6基于例如被摄体不存在图像 P2的 YUV数据,选择规定数量 (或者规定数量以上 )的特征高的块区域 (特征点 ),提取该块的内容作为模板 (template)(例如,16×16像素的正方形 )。
    具体的には、特徴量演算部6は、例えば、被写体非存在画像P2のYUVデータに基づいて、所定数(或いは、所定数以上)の特徴の高いブロック領域(特徴点)を選択して、当該ブロックの内容をテンプレート(例えば、16×16画素の正方形)として抽出する。
  • 代表色计算部 22将肌肤代表色的 RGB数据保存到内部存储器 12等的规定的存储区域。
    代表色算出部22は、肌代表色のRGBデータを内部メモリ12等の所定の記憶領域に保存する。
  • 在起始画面 6000中,上述布局构成的 5个区域的所有区域未被显示。 如图 6所示,在起始画面 6000中,与 5个区域没有关系地在触摸面板显示器 130的大部分中显示用于选择动作模式的图标 (模仿了动作模式的图标 )。
    図6に示すように、ホーム画面6000は、上述したレイアウト構成の5領域の全ての領域が表示されるものでなく、5領域とは関係なくタッチパネルディスプレイ130の大部分に動作モードを選択するためのアイコン(動作モードを模したアイコン)が表示される。
  • 在主页画面 6000中,上述布局构成的 5个区域的全部的区域未被显示。 如图 6所示,在主页画面 6000中,在与5个区域没有关系的触摸面板显示器 130的大部分中显示用于选择动作模式的图标 (模仿了动作模式的图标 )。
    図6に示すように、ホーム画面6000は、上述したレイアウト構成の5領域の全ての領域が表示されるものでなく、5領域とは関係なくタッチパネルディスプレイ130の大部分に動作モードを選択するためのアイコン(動作モードを模したアイコン)が表示される。
  • IDCT单元 75执行从逆量化单元 74供应的 DCT系数的逆离散余弦变换以生成差分图像数据,并将其输出到预测图像生成单元 76。
    IDCT部75は、逆量子化部74から供給されたDCT係数の逆離散コサイン変換を行い、差分画像データを生成して予測画生成部76に出力する。
  • 通过反复执行这种处理,从而确定部 24将 OFDM信号分割为多个组。
    このような処理を繰り返すことによって、決定部24は、OFDM信号を複数のグループに分割する。
  • 例如,如果 SS序列包括 64位并且每八个子载波调制一个,那么IFFT块 306的 512个样本输出由 64个样本序列的八个相同的重复组成。
    たとえば、SSシーケンスが64ビットを含み、8つごとのサブキャリアが変調される場合、IFFTブロック306の512サンプル出力は、64サンプルシーケンスの8つの全く同じ繰返しからなる。
  • IC可以包括设计为执行本申请所描述功能的通用处理器、数字信号处理器 (DSP)、专用集成电路 (ASIC)、现场可编程门阵列 (FPGA)或其它可编程逻辑器件、分立门或者晶体管逻辑器件、分立硬件组件、电组件、光组件、机械组件或者其任意组合,并且 IC可以执行代码或指令,这些代码或指令位于 IC之内、IC之外或二者中。
    ICは、本明細書で述べた機能を実行するように設計された汎用プロセッサ、デジタル信号プロセッサ(DSP)、特定用途向け集積回路(ASIC)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、またはプログラマブル論理デバイス、ディスクリートまたはトランジスタ論理、ディスクリートハードウェア部品、電気部品、光学部品、機械部品、またはその任意の組み合わせを備えて良く、そしてICは、IC内部、IC外部、またはその両方にあるコードまたは命令を実行し得る。
  • 如果在决策方框 64确定了探测到事件,则流程前进到方框66,方框 66显示用户在方框 62中建立的通知体系内以某种方式的提醒而得知该事件。
    イベントを検出したと決定ブロック64で判定すると、次に、ルーチンはブロック66に進み、ブロック66で、ブロック62で確立した報知フレームワーク内の方法で、イベントについてユーザに報知することを示す。
  • 由于能够根据从图像形成装置主体 12的用户界面、网络连接的 PC等外部接受的图像形成处理中的用纸的种类以及图像的网屏来选择恰当的转换曲线,所以可进行恰当的浓度调整处理。
    画像形成装置本体12のユーザインターフェースやネットワーク接続されたPCなど、外部から受付けた画像形成処理における用紙の種類及び画像のスクリーンに応じて適切な変換カーブを選択できるため、適切な濃度調整処理を行うことができる。