しでことを行え

—— 日文翻译成中文

谷歌翻译

做鹅耳枥
  • 0

百度翻译

在做事情
  • 0

必应翻译

没有他们
  • 0

有道翻译

并在事情
  • 0

腾讯翻译

去做这件事
  • 0

yandex翻译

在这个例子中,
  • 0

babylon翻译

允许您
  • 0

双语例句

  • 根据本发明,由于在设定的可读取范围的读取结束之后,重新设定下一个可读取范围并进行读取,所以即使不清楚读取对象的介质的尺寸,也能够适当地设定下一个可读取范围,并继续进行读取动作,读取介质的整个面。
    この発明によれば、設定した読取可能範囲の読み取りが終了した後に、新たに読取可能範囲が設定されて読み取りが行われるので、読取対象の媒体のサイズが未知であっても、次の読取可能範囲を適切に設定することができ、媒体全面にわたって読取動作を続けて行える。
  • 采用该基站配置,在将从每个终端的 DFT单元并行输出并在其端部进行部分消减的信号分配至子信道的 FDMA系统中,可以通过将消减处理看作是由于无线信道造成的失真,执行非线性迭代均衡,来正确地解调从每个用户发送的信号。
    このような基地局構成とすることにより、各端末のDFT部から並列に出力される信号の端を一部だけクリッピングしてサブチャネルに割り当てるFDMAシステムにおいても、クリッピングによる処理を無線伝搬路による歪ととらえて非線形繰り返し等化を行えば各ユーザから送信された信号をそれぞれ正しく復調することができる。
  • 此外,根据点击式打印机 10,由于在设定的读取块的读取结束之后,设定新的读取块并进行读取,所以即使不清楚读取对象的记录介质 S的尺寸,也能够适当地设定下一个读取块,可继续对记录介质 S的整个面进行读取动作。
    また、ドットインパクトプリンター10によれば、設定した読取ブロックの読み取りが終了した後に、新たに読取ブロックが設定されて読み取りが行われるので、読取対象の記録媒体Sのサイズが未知であっても、次の読取ブロックを適切に設定することができ、記録媒体Sの全面にわたって読取動作を続けて行える。
  • 根据前面的实施例,像素信号被高速读取的第一模式和像素信号被低速读取但滚动失真得到抑制的第二模式根据 FPS的设定值被从一个切换为另一个。
    上述した実施の形態によれば、画素信号の読み出しを高速に行える第1のモードと、画素信号の読み出しは低速であるがローリング歪みの抑制を行える第2のモードとが、FPSの設定値に基づいて切り替えることができるようになる。
  • 尽管采用优选实施方式的示例对本发明进行了描述,应当理解,在本发明的精神和范围之内还可进行其它各种修改和变型。
    本発明を、好ましい実施形態の例として説明してきたが、本発明の精神及び範囲内で他のさまざまな適合及び変更を行えことが理解されるべきである。
  • 行块包括某个图像区域中的所有频率成分 (在图 5的情况中,为从 1LL到 3HH的十个频率成分 )的系数,并且因此对每个行块的量化可以获得多重分辨率分析 (其是小波变换的特征 )的优点。
    このラインブロックは、ある画像領域のすべての周波数成分(図5の場合、1LL乃至3HHまでの10個の周波数成分)の係数を包含しているため、ラインブロック毎に量子化を行えば、ウェーブレット変換の特徴である多重解像度分析の利点を活かすことができる。
  • 因此,本发明的目的在于鉴于上述的情况而完成,在通过光学方式读取读取对象的介质的情况下,即使不清楚介质的尺寸,也能够迅速地进行读取。
    そこで、本発明の目的は、上述した事情に鑑みてなされたものであり、読取対象の媒体を光学的に読み取る場合に、媒体のサイズが不明であっても速やかに読み取りを行えるようにすることにある。
  • 根据本发明的控制方法,在不清楚介质的尺寸的状态下对读取对象的介质的整个面进行读取时,在光学读取部的读取动作开始前 (传送部传送介质前 )或开始时 (传送开始时 ),基于从光学读取部的读取位置至介质检测部的检测位置为止的距离、以及介质的端部的位置等介质检测部的检测状态,首先,设定作为最小限度的可读取范围的可读取范围,并执行设定的可读取范围的读取动作,所以不需要进行用于预先测量介质的尺寸的传送动作,可迅速地进行读取动作。
    本発明の制御方法によれば、媒体のサイズが不明なまま読取対象の媒体の全面を読み取る場合に、光学読取部による読取動作の開始前(搬送部による媒体の搬送前)または開始時(搬送開始時)に、光学読取部の読取位置から媒体検出部の検出位置までの距離、及び、媒体の端の位置などの媒体検出部の検出状態に基づいて、まず最小限の読み取り可能な範囲である読取可能範囲を設定して、設定した読取可能範囲の読取動作を実行するので、予め媒体のサイズを計測するための搬送動作を行うことなく、速やかに読取動作を行える。
  • 在此,如果不接通漏极门 40且也不接通输入门 21而实行 CCD存储器 30的一个的传输动作,则能够再将最初的信号电荷保持原样地向输入传输段 31传输,并能够再将其依次传输至输出传输段 33。
    ここで、ドレインゲート40をオンせずかつ入力ゲート21もオンせずにメモリCCD30における1回の転送動作を行えば、最初の信号電荷は、そのまま再び入力転送段31に転送され、これを出力転送段33まで再び順次転送することができる。
  • 此外,可以通过从客户机 200用来工作的 OS(操作系统 )获得近距离无线通信的连接状况,来进行该确定。
    或いは、クライアント200が動作するOS(オペレーションシステム)から近距離無線の接続状況を取得して判定すること行える。
  • 通过这样发出 AT命令,能够对所连接的调制解调器进行动作确认,并且在识别到多个 USB串行设备的情况下,也能够确定串行设备。
    このようにATコマンドを発行することにより、接続されたモデムの動作確認を行えると共に、複数のUSBシリアルデバイスが認識される場合にも、シリアルデバイスを特定することができる。
  • 本实施例允许在累积周期中实时地监视最大值信号和最小值信号,由此能够基于最大值信号和最小值信号容易地确定累积时间,以及确定在最大值检测周期和最小值检测周期中检测的各信号的增益。
    本実施例では、蓄積期間において最大値信号と最小値信号とをリアルタイムでモニタすることができるので、この信号を基に蓄積時間を決定したり、最大値および最小値検出期間で検出される信号に対するゲインを決定することが容易に行える。
  • 尽管前面的公开讨论了说明性的方案和 /或实施例,但是应该注意到,可以在不偏离所附权利要求书所定义的所述方案和 /或实施例的范围的情况下,作出各种改变和修改。
    上記の開示は例示的な態様および/または実施形態を検討したが、本明細書では、添付の特許請求の範囲で規定するような記載の態様および/または実施形態の範囲を逸脱せずに様々な変更および修正を行えことに留意されたい。
  • 例如,通常当在具有长度 10的时段期间将具有长度 1的处理执行 10次时,只存在很少的裕量并且需要执行每个处理,但是当在具有长度 10的时段期间执行具有长度 2的处理两次适用时,可以以更多可变定时开始处理。
    例えば、一般的に、長さ10の期間に長さ1の処理を10回行う場合、略余裕が無く、常に各処理を実行する必要があるが、長さ10の期間に長さ2の処理を2回行えばよい場合、より多様なタイミングからその処理を開始することができる。
  • 因而,在能够利用数据通信卡 80进行暂时通信的情况下,用户能够获知该数据通信卡 80的动作是否得到保证,从而提高了便利性。
    したがって、データ通信カード80によって一応の通信が行える場合に、その動作が保証されるものか否かをユーザが知ることができ、利便性が向上する。
  • 由此,在不清楚读取对象的记录介质 S的尺寸的状态下读取记录介质 S的整个面时,在光学读取装置 110的读取动作的开始前 (介质传送机构 100传送记录介质 S之前 )或开始时 (传送开始时 ),基于从光学读取装置 110的读取位置至介质端传感器 47的检测位置为止的距离、记录介质 S的端部的位置等介质端传感器 47的检测状态,首先,设定作为最小限度的可读取范围的读取块,并执行设定的读取块的读取动作,所以不需要进行用于预先测量记录介质 S的尺寸的传送动作,可迅速进行读取动作。
    これにより、読取対象の記録媒体Sのサイズが不明なまま記録媒体Sの全面を読み取る場合に、光学読取装置110による読取動作の開始前(媒体搬送機構100による記録媒体Sの搬送前)または開始時(搬送開始時)に、光学読取装置110の読取位置から媒体端センサー47の検出位置までの距離、及び、記録媒体Sの端の位置などの媒体端センサー47の検出状態に基づいて、まず最小限の読み取り可能な範囲である読取ブロックを設定して、設定した読取ブロックの読取動作を実行するので、予め記録媒体Sのサイズを計測するための搬送動作を行うことなく、速やかに読取動作を行える。
  • 另外,在本动画处理装置中,关于上述那样的重要场景再现指示按钮 508,利用者,通过操作本重要场景再现指示按钮 508,对由动画数据选择按钮 502的操作选出的动画数据,进行重要场景的再现开始指示和重要场景的再现结束指示。
    さて、本動画処理装置には、前述のとおり重要シーン再生指示ボタン508がついており、利用者は、本重要シーン再生指示ボタン508を操作することにより、動画データ選択ボタン502の操作により選択された動画データに対して、重要シーンの再生開始指示および重要シーンの再生終了指示が行えるようになっている。
  • 即,从通过将一些裕度加到通过开始位置变化相位获取处理 (子例程 1)获取的最大阈值电平处的开始位置变化相位而获得的初始相位起开始相位的依次变化,可缩短处理。
    開始位置変化位相の取得処理(サブルーチン1)の最大閾値レベルでの開始位置変化位相に多少のマージンを加えた位相を初期値として巡回を開始させることで、さらなる処理の短縮が行える。
  • 如上所述,通过布置光阻挡部件 106使得其关于包括光学波导的中心轴 107的 yz平面不对称,以预定角度进入的光可以被检测,并且可实现能够执行高精度测距的固态成像器件。
    以上、示したように、遮光部材106を、光導波路の中心軸107を含むyz平面に対して、非対称な位置に配置することにより、特定の角度で入射した光を検出することを可能とし、高精度な距離測定が行える固体撮像素子が実現できる。
  • 然而,根据当前实施例,当用户向图像形成装置 1执行了用于发起图像形成请求的输入时,如图 11或图 13所示的执行请求屏幕显示在手持设备 2上。
    しかし、本実施の形態によれば、画像形成装置1に対して画像形成要求を行うための操作入力をユーザが行う際に携帯端末装置2に表示される実行要求画面は例えば図11や図13に示されるものであり、所望の画像形成条件での画像形成要求を行うための操作入力をどのように行えばよいかをユーザは一見して判別することができる。
  • 此外,图像摄取装置 100使得 ADC 26b读取在仅 ADC 26a和 ADC26b操作的状态中获得的信号 (下面称为 AD伪信号 ),并且获得这些信号与有效像素之间的差异以使得固定样式噪声被去除。
    また本例の撮像装置100は、ADC26aとADC26bのみを動作させた状態で得られる信号(以下、ADダミー信号と称する)をADC26bに読み取らせ、有効画素との差分をとることで、固定パターンノイズの除去も行えるようにしている。
  • 通过执行本发明的程序,在不清楚介质的尺寸的状态下对读取对象的介质的整个面进行读取时,在光学读取部的读取动作开始前 (传送部传送介质前 )或开始时 (传送开始时 ),控制部基于从光学读取部的读取位置至介质检测部的检测位置为止的距离、以及介质的端部的位置等介质检测部的检测状态,首先,设定作为最小限度的可读取范围的可读取范围,并执行设定的可读取范围的读取动作,所以不需要进行用于预先测量介质的尺寸的传送动作,可迅速地进行读取动作。
    本発明のプログラムを実行することにより、制御部が、媒体のサイズが不明なまま読取対象の媒体の全面を読み取る場合に、光学読取部による読取動作の開始前(搬送部による媒体の搬送前)または開始時(搬送開始時)に、光学読取部の読取位置から媒体検出部の検出位置までの距離、及び、媒体の端の位置などの媒体検出部の検出状態に基づいて、まず最小限の読み取り可能な範囲である読取可能範囲を設定して、設定した読取可能範囲の読取動作を実行するので、予め媒体のサイズを計測するための搬送動作を行うことなく、速やかに読取動作を行える。
  • 尽管前文已经参照本发明的特定实施例,但是本领域技术人员将理解可以改变这个实施例而不偏离由所附权利要求书来限定范围的本发明的原理和精神实质。
    上記では本発明の特定の実施形態を参照したが、添付の特許請求の範囲によってその範囲が定義される本発明の原理および精神から逸脱することなく、この実施形態の変更を行えことを当業者は理解されよう。