上半部

—— 中文翻译成日文

谷歌翻译

上半分
  • 0

百度翻译

分冊
  • 0

必应翻译

上半分
  • 0

有道翻译

後半に
  • 0

腾讯翻译

上半分
  • 0

yandex翻译

上半のユニット
  • 0

babylon翻译

の上部の一部に
  • 0

双语例句

  • 在图中,在位于左侧的显示部壳体 1所具备的显示部 4中,启动邮件制作功能,作为利用文字输入的功能。 在该显示部 4的下半部分的区域中,显示十键式 (テンキ一式 )的文字输入键盘,作为软件键盘 (触摸板式的键盘 ),而在其上半部分的区域中,作为利用文字输入的功能,显示由邮件制作功能制作中的邮件文本。
    すなわち、図中、左側に位置する表示部筐体1に備えられた表示部4に対応して、文字入力を利用する機能としてメール作成機能を起動した場合を示し、この表示部4の下半分の領域には、ソフトウェアキーボード(タッチパネル式のキーボード)としてテンキー式の文字入力キーボードが表示され、その上半分の領域には、文字入力を利用する機能として、例えば、メール作成機能で作成中のメール文が表示されている。
  • 在灰度轴上设定了初始上限点 Xt0后 (参照图 17的上半部分 ),接下来,逆光修正部 26将初始上限点 Xt0归一化为亮度分布的灰度值,将归一化后的灰度值作为初始上限灰度值 Xt0’。
    初期上限ポイントXt0をグレー軸上に設定したら(図17の上段参照。)、次に、逆光補正部26は、初期上限ポイントXt0を輝度分布の階調値に正規化し、正規化した後の階調値を初期上限階調値Xt0´とする。
  • 上半部 1103中的六条曲线与下半部 1105中的六条曲线相对应,并且使用相应的点线图案描绘。
    上半分1103の6つの曲線は下半分1105の6つの曲線に対応し、対応する破線パターンを使用して描写される。
  • 上半部和下半部两者都使用公用的 X轴,该轴以纳秒 (ns)来表示时间。
    上および下半分の両方は、ナノ秒(ns)の時間を表す共通のX軸を使用する。
  • 然而,在其它实例中,边界 44可仅沿帧 40的左侧的一部分 (例如,上半部分或下半部分 )延伸。
    ただし、他の例では境界44はフレーム40の左側部の一部分、例えば、上半分または下半分に沿ってのみ延びるにすぎないことがある。
  • 图 11事实上为两部分图示,再次使用了微带总线的示例,其具有标绘相对于时间的六条不同曲线的上半部1103(电压由Y轴表示),以及标绘最近邻线路上的串扰的下半部 1105(电压在此也由 Y轴表示 )。
    図11は、実際は、時間に対する6つの異なる曲線をプロットした上半分1103(電圧をY軸で表す)と、再びマイクロストリップバスの例を使用した最近傍線上のクロストークをプロットした下半分1105(ここでも電圧をY軸で表す)とを有する2部グラフである。
  • 如在上半部中所视的,传输信号在 1.65纳秒时开始从逻辑“零”(大约 0.9伏 )上升,并且在大约 1.73纳秒时趋平于逻辑“一”(大约 1.7伏 )。
    上半分に見られるように、送信信号は1.65ナノ秒で論理「0」(約0.9ボルト)から上昇し始め、約1.73ナノ秒で論理「1」(約1.7ボルト)において安定する。
  • 在本实施方式中,将对上述变更后的灰度值乘以了 的值表示为上限点Xt1(参照图 17的上半部分 )。
    本実施形態では、上記変更後の階調値に√3を乗じた値を、上限ポイントXt1と表す(図17の上段参照。)。
  • 图 5A示出了与图 1A相同的书本风格下的显示状态。 在显示部壳体 1所具备的显示部 4的下半部分的区域中,作为软件键盘的替代,显示了使用笔对文字进行手写输入的软件手写输入板 (1栏的文字输入用的手写输入板 ),而在显示部 4的上半部分的区域中,显示了通过文字输入利用功能 (邮件制作功能 )制作中的邮件文本。
    図5(1)は、図1(1)と同様のブックスタイルでの表示状態を示し、表示部筐体1に備えられた表示部4の下半分の領域には、ソフトウェアキーボードに代わり、ペンを使用して文字を手書き入力するソフトウェア手書き入力パッド(1桁分の文字入力用の手書き入力パッド)が表示され、表示部4の上半分の領域には、文字入力利用機能(メール作成機能)で作成中のメール文が表示されている。
  • 在移动终端的下半部被从上半部移开的不同位置中,移动终端的附加功能被显露。
    移動端末の下側半体が上側半体から出る異なる位置においては、移動端末の追加機能が現れる。